2017年08月20日

★とびっきり素敵!歩いてん道ウォーク ~夕陽鑑賞~

 8月20日(日)天気予報は1週間前は曇りと雨、それからめまぐるしく変わって、何と当日はピカピカの晴天!

 16時15分受付開始を前に、古賀西小に16時集合し、歩いてんDo好会メンバーと生涯学習推進課、看護師さんがそろいました。

暑すぎると文句を言いながら、雨にならずに実施できることを喜びました。
 校門前のフェンスには夕陽の古賀海岸の写真パネルを展示して気分を盛り上げます。


集まってくださった皆さんはシニアが大半で、木陰で待機。
 

開会挨拶は、ロングTシャツが可愛らしい西村係長。

今日のコース説明と諸注意は Do好会Iが務めました。
今回は、ラジオ体操の前に健康づくりとウォーキングの関係について、代表Sが、いかにウォーキングが健康づくりに役立つかのミニ講座。 


これからウォーキングに向かう参加者の心構えができました。
脈拍を測り、ストレッチしました。



続いて恒例のSUさんと一緒にラジオ体操です。



スターターはYさん。

先頭はYさんとSUさん。いつもならKURさんが女性代表で先頭3人組となるところですが、残念ながら病欠。
一日でも早い回復を祈っています。




 松林を出て、海岸の南の突堤まで行き、海岸に詳しい納富さんが古賀海岸は高度経済成長期に海岸の砂が工事用に大量に持ち出され、美しい海岸線が消滅の危機にあったが、古賀市は
護岸工事よりも海水浴場づくりを希望し、福岡県が100億円かけて整備し、2つの突堤や2つの鯨岩(潜提)ができ、海水浴場を造ったと説明されました。


当時離岸流についての認識はなく、近年指摘されるようになったとのことでした。
8月11日に古賀海岸で起きた水難事故では親子を含む4人の方が亡くなり、痛恨の出来事でした。

二度とこのような事故が起きないよう、その場で一同黙とうをささげました。
海岸のあちこちに新しい遊泳禁止の標識が立てられていました。

その後波打ち際を歩きましたが、コメツキガニが作る砂団子が一面に見られました。





夕陽風景時計から中川沿いに民家のあたりを歩きました。





元西鉄電車道は一面青々とした草が茂り、遊歩道か自転車ロードかに変身するのを待っています。



新旧混在する静かな住宅地の一角にある古い民家に、
川柳の先生であった津田抱村さんの石碑もあり、一路雇用促進住宅に向かいました。


雇用促進住宅では、集会所を開放してくださりトイレの使用やイスを用意して休憩させてくださいました。



ちょっとくたびれてたどり着いたところでしたので、区長さんなどの心遣いに感謝です。




この場で、Do好会のHさんが松原についてのお話を語りました。古くは古事記にも出てくる花見松原、本格的に植樹されたのは江戸時代黒田長政が中津から藩主として国替えした時だったとか。花見山と言う山もあったと言われています。
千鳥駅付近の高台ではないかとの説はありますが、正確な場所は古賀市の歴史資料館もまだ把握していないそうで、解明が待たれます。
Hさんの博学ぶりはとどまるところを知りませんので、詳しいことは省かせていただきます。

解説の後、参加者の皆さんには「じゃんけんゲーム」が待っていました。
Hさんとじゃんけんして勝った2人に力丸さんからの寄木細工小物がプレゼントされました。
力丸さんの一日も早い健康回復を祈っております。
全員には、しこふむタオルかエコバッグのプレゼントもありました。
ここですっかりリフレッシュした一同、再び元気に出発しました。

 いよいよ太陽も西に傾き、松林を抜けると正面に真っ赤な太陽があり、光が海に反射しまばゆいばかりでした。





護岸沿いに歩き、



途中から階段を慎重に下りて浜辺を歩きます。
海に入って釣りをしている人たちもいました。キス釣りが最盛期なのですが、釣果は・・・?
 


毎日のように散歩やウォーキングをしていても素晴らしい夕陽の光景を見ることはなかなかできませんが、今日は本当に好運にめぐまれ、夕陽と共に歩くことができました。



青春映画を思い出した人もいたかな?ご夫婦ツーショットで夕陽を入れて写真を撮ってもらっていたり、すごく素敵な笑顔でした。いい思い出になったでしょうね。


夕陽風景時計では納富さんが、全国でも福津と古賀にしかない貴重な存在だと力説。

夕陽風景時計を考案したのは福津の方だが、設置したのは古賀が早く、中川区の市民有志の寄付金で、立てられたとのことでした。
これからもみんなが大切にしたい財産ですね。



中川区の加来先生が自作の歌を披露してくださり、心和むひと時を過ごしました。素晴らしい詩と歌唱力に驚嘆。

 夕陽は19時過ぎに雲の中に没しました。海にそのまま沈むのはめったに見られないとのことですが、直前まですばらしく輝いていたので、みんな満足そうでした。
 

日没後の松林はさすがに薄暗く、懐中電灯をつけて歩く人も何人か。
古賀西小にゴールし、解散。
校庭から見上げた空には薄い色の虹がかかっていました。
 今日も無事に、事故も無く、皆さん元気に、楽しくウォーキングが終わりました。
 ウォークの運動強度を確認するための脈拍測定が、夕陽に感動するあまり、未完に。申し訳ありませんでした。
 一緒に歩いてくださった看護師さん、熱中症対策の為ペットボトル入り2リットルの水を抱えて随行され、大変だったと思います。
おかげさまで安心して、イベントを遂行することができました。
改めて感謝申し上げます。

次回は9月1日(金)9:00~交流館において、”青柳歴史めぐりウォーク”など企画検討会議です。
会員以外の皆様のご参加も大歓迎です。

 
  


Posted by 歩いてんdo好会 at 21:50Comments(0)

2017年08月19日

夕陽鑑賞ウォーク直前会議


8月18日9時から交流館301号室において、会員11名、事務局1名が参加して8月20日実施する「夕陽鑑賞ウォーク」などについて企画検討会を開催しました。



前回会議後、毎日このコースを試歩いただいたHさん、Yさんには感謝申し上げます。

コース距離、時間配分など検討し、西小・運動場はずれから海岸・夕陽風景時計・雇用促進住宅集会所・海岸経由で夕陽風景時計・西小までのコースと役割分担が決定されました。

16:15受付開始・17:00スタート・18:58夕陽鑑賞

雨天中止の連絡は、生涯学習推進課092-942-1347へ問い合わせ等々。


その他、10月4日青柳歴史めぐりウォーク、11月23日市民ウォーク、更に11月26日花見コミュニティのウォーク計画などが討議されました。

8月20日の天気好転を願って閉会。

次回会議は、9月1日9:00から交流館にて開催します。

  


Posted by 歩いてんdo好会 at 06:05Comments(0)

2017年07月28日

歩いてんDo好会 第5回企画検討会

7月28日午前9時から交流館303号室において、
同好会9名、事務局1名にて開催。








11月の市民ウォーキング、ロングコース13㎞はあるいてん道と景観巡り、ミドルコース7㎞はアート巡り、原案確定。

8月20日の夕陽鑑賞ウォークについて、コースの確認と作業任務分担。松原では、Hさんのお話が聞けるかも!

しこふむプロジェクト写真の応募依頼

健康づくり公開講座の案内
8月3日(木)10時~11時30分 リーパス多目的ホール

市民の健康増進を目的としたこのウォーキングイベント、如何にして参加者を増やせるか、について意見続出。

閉会時には、Kさんが自ら栽培したという「ゴウヤ」を皆に配られました。 季節の野菜おいしくいただきました。

次回は、8月18日9時から、
交流館にて夕陽鑑賞ウォークの直前検討会を開催します。
  


Posted by 歩いてんdo好会 at 22:13Comments(0)

2017年07月22日

★猛暑にめげず、秋の市民ウォーキングロングコースの試歩

7月21日(金)9時。市役所2階ロビーに集合。
毎日新聞にウォーキングマップの記事が掲載されたというニュースを知りました。
男性7名、女性3名、事務局1名でまずはミーティング。
7月15日のハマボウウォークの反省をしました。
今日はロングコースの一部を確認することとして、市役所を9時30分スタート。
川沿いに行くと、川の一部が埋め立てられ、「大根川郷土の水辺整備事業」と福岡県の看板が立っていました。
埋め立てられた川は濁っていましたが、渡り鳥のカモたちが必ず帰ってくる場所だけに、影響が心配です。
石ケ崎橋を渡り、花鶴丘住宅地に向かい、花鶴小学校裏から「鹿部山公園」を目指します。


鹿部山の皇石(おおいし)神社の石段を上り、神社境内へ。




気温35度、この暑さに汗だく状態。
木陰で一休み。
ぎんなんの実が落ちていました。



境内から公園トイレを確認して、管理事務所、駐車場へ。
本日は海の良く見える展望台までは上りません。
美明までおりて「みあけ史跡公園」にも寄らず、国道3号線鹿部交差点を渡り、工業団地に向かいました。

工業団地の裏の岳越山登山道入り口のから古賀市全体を見渡す眺めは素晴らしいのですが、本日は割愛。
暑い暑い!!

食品工業団地角にはお菓子製造の「左衛門」、「ビストロ」等、さらに進んで10時30分「黒田五十二万石」で休憩。



涼しい直売所店内で冷やしたバラのブドウ3パックを購入。
「ぶどう大福」に使う熊本産の大きなブドウで、種も無く皮ごと食べられるので、皆でたっぷりつまみました。


賞味期限近いわけありのお菓子なども格安で、直売所の楽しみをもっと知ってもらいたいですね。
ここで英気を養い、さあ出発。


勤労青少年スポーツ広場で、トイレの清潔さを確認、工業団地を出て、谷山川沿いに「ハウス食品」の前を通り、小さな橋を渡って、夏草のぼうぼう茂っている歩いてん道古賀コースの一部を歩き、市役所に戻りました。

市役所ロビーで、暑かった事前歩行を無事終えたことをお互いに称え合いながら、本日のおさらいと確認。
本番は、歩いてん道看板4か所と、景観を満喫しながら歩くことができるはずです。
市役所スタートゴールで、ロングは13㎞程度とすることにしました。

次回はこのまとめと8月20日の夕陽鑑賞ウォークの協議です。
8月は、暑いので、ウォーキングは基本的にお休みです。
みなさま、この暑い時期には、常に水分と塩分などを補給して、熱中症予防に努めてください。

次回7月28日(金)9時リーパス集合、8月は18日(金)9時リーパス集合です。
  


Posted by 歩いてんdo好会 at 06:57Comments(0)

2017年07月21日

歩いてん道設定に伴うウォーキングマップ作成が新聞報道

ウオーキング新8コース紹介 古賀 /福岡
毎日新聞2017年7月19日 地方版
•福岡県
[PR]
 <東から西から北から南から>
 ウオーキングで市民の健康づくりを推進している古賀市は、これまでの「歩いてん道」と一味違う新しい8コースを案内した「古賀を歩こう!ウオーキングマップ」を作成した。
 市民ボランティア団体「歩いてんDO好会」が協力し、古賀東、古賀西・花鶴、青柳など各校区エリアを何度も歩いて新コースを設定し、イラストや写真を添えてまとめた。海や山、川など自然、四季の変化が楽しめる場所、歴史を学べる文化財などをつなぎ、健康増進しながら地域のよさを再発見できる。
 「やや険しい山道」「歩道がないので車に注意」などの注意書きを入れ、脈拍や心拍数の目安、必需品や正しい歩き方も紹介している。1000部を製作。参加者や希望者に配布する。【前田敏郎】
〔福岡東版〕

  


Posted by 歩いてんdo好会 at 21:53Comments(0)

2017年07月16日

★歩いてん道ウォークinハマボウまつり!


 7月15日(日)今日は、「ハマボウまつり」。


8時古賀西小集合で、駐車場の係り、配布グッズ詰め、受付に分かれ、歩いてん道ウォークの準備開始。

今日のDo好会メンバーは男性8名、女性2名、スタッフはみんな、黄色のハマボウ色のスカーフを腕に巻き、いざ出陣。


朝からジリジリ暑い日差しの中を、元気に参加者の皆さんが三々五々と集まってこられます。
 



8時30分開会、司会進行はKURさんが歯切れよく丁寧につとめます。



古賀西校区区長が孫の成長を例に、二本足で歩くことの大切さを強調された挨拶のあと、生涯学習推進課力丸課長もハマボウを意識してか黄色のシャツで、ご挨拶。
今日のハマボウウォークは福岡県とのタイアップとのことで、県の職員の方も2名参加。
木陰では看護師さんの健康測定もあり、注意しながら歩くようにとアドバイスされた方もあったとか。


恒例のラジオ体操はSUさん。
木陰で体操する方たちもいました。
 



8時45分、スタート。
SUさんの手作りノボリを目印に先頭はYさん、KURさんの3人体制。





古賀西小から松林を抜け、



海岸に 出て、




ハマボウの看板のある所で「ハマボウ保存会」の納富さんからハマボウの話を聞きました。
古賀市では、ハマボウの苗を増やし、里親を募り2年間ハマボウを育て、3株のうち2株を寄贈してもらう取組みをしたので、このようにハマボウが増えて、見事な並木になったことを話されると、参加者から感嘆の声が上がりました。

ハマボウはアオイ科・ハイビスカス(ふよう)属で、内湾や河口の塩性湿地に生育すること、福岡県では絶滅危惧Ⅱ類に指定されていること、皇族秋篠宮佳子さまのおしるし(シンボル)にもなっているとか。


花鶴ヶ浜公園に入り、ゴールのテントのある場所を確認し、




東屋に行きます。
両側はさわやかな黄色のハマボウが緑の葉の間からたくさん顔を見せ、「こんなに!綺麗!」と歓声が。



花鶴川に沿って西鉄電線路跡のおじさんたちが釣り糸を垂れている橋を通り、水再生センターの前の道を海岸まで行きました。


水平線の向こうに白いヨットの帆が見えて、相ノ島もくっきり見えます。
今日は海と空の絶景です。
そして、Yさんの観光案内が絶妙でした。




水再生センターは豪華なホテルかと思った、と市外から参加された人に言われました。





ここでトイレや水分補給のため休憩。




線路跡地の遊歩道は、「うちもこんなにしてもらえればよかったのに、古賀市は偉いね」と市外の方には大変好評でした。

電車から見えていたゴルフ場がこんなに広かったのか、と改めて見直し、「ゴルフ場前駅」はどこにあったのか、と聞かれましたが、私にはわかりませんでした。
西鉄電車を利用していた人には、様々な思い出がよみがえったようです。
暑い日差しの国道495号線を少しだけ歩きましたが、日吉の住宅地を通ると、こんな何でもない街並みがかえって新鮮でいいね、と言う声も聞かれました。暮らしの景色とでもいうのでしょうか、知らない街を歩くのもいいものです。

 

橋を渡って、公園にゴール!






まだ10時過ぎでした。




皆さんをゴールのテントに誘導し、引換券で古賀のスイーツコーンをもらいました。






生と焼いたのと2本!今年は県の助成もあって豪華です。


希望者には、ハマボウの苗も提供されていました。

その後、我々メンバーはハマボウの花をバックに記念写真を撮ってもらいました。

今年の参加者は一般48名、スタッフ含め60名の参加となりました。
途中熱中症になりそうな方もあり、待機していた救護車で駅まで送って行ったということです。
それ以外は無事に終わりました。
 
梅雨の心配も無く、素晴らしい夏空の下、花も満開の見頃、市外からも予想外に参加があり(宗像市の広報誌に載っていたそうです)、満足されていました。

夕陽鑑賞ウォーキングもあります、とご案内しましたが、いいですねえ、とうらやましそうでした。

さあ、今度は21日(金)9:00市役所集合で、11月の市民ウォーキングの候補コースの一つ花鶴コースを歩きます。

楽しさいっぱいです。皆様一緒に歩いてみませんか。


  


Posted by 歩いてんdo好会 at 07:25Comments(0)

2017年07月14日

ハマボウ祭りウォークにむけて

7月7日は雨、リーパスプラザにて市民ウォーク会議を実施。

歩いてん道をつないで歩き、かつ景観を楽しむことをコンセプトに

市役所から鹿部山、竹越山登山口、グリーンパーク、馬術場、筵内、市役所までの13km


7月21日9時、市役所Pに集合して試歩することになりました。



7月15日はハマボウ祭りウォーク。

8時20分開始、西小学校集合。ハマボウの花をめでながら、水処理センター、ゴルフ場入口、祭り会場まで歩きます。
  


Posted by 歩いてんdo好会 at 16:29Comments(0)

2017年06月23日

★梅雨の晴れ間、海岸を夕陽鑑賞ウォークにむけて試歩


 6月23日(金)真夏のような日差しの梅雨の晴れ間、9時古賀西小グランドに集合。今日は男性6名女性2名、事務局1名の「夕陽鑑賞ウォーキング」にむけての試歩。
当初、鹿部山経由のコースを考えていましたが、KUさんが今日の参加が無理とのことで一人で事前に歩いてみて想定距離より長距離になるとのことだったので、コースを変更することにしました。
縁の下の力持ちKUさんありがとうございました!

 古賀西小スタート、花火禁止の看板が目印の海岸に向かう松林の道をたどりました。
花鶴浜海岸の波打ち際を歩き、夕陽風景時計まで。
浜辺にはたくさんの海藻が打ち寄せられています。

中には最近スーパーフードともてはやされている海藻「アカモク」もありました。
この海岸の近くでも生えていることは案外知られていません。

洗ったり、刻んだりするとすごいネバネバで、わかめのメカブのような効果があると言われています。
採取するには残念ながら季節的には遅いのですが。
 



夕陽風景時計に9時37分到着。






8月20日の日没時間や方向を確認し、





潮騒橋から中川沿いに出て元西鉄電車線路沿線を歩きます。



途中の民家の庭に石の句碑があることに気づき、みんなの足が止まります。「吊皮にたよりきってる揺れている」と書かれていました。



みんなでわいわい言っているとお宅の方が出てこられ、作者の津田抱村さんの川柳を石碑にしてあると、説明していただきました。

この家のおじいさんで、川柳を教えていた方で相当お弟子さんがいらっしゃったとのこと。
88歳で亡くなられ、自宅を当時のまま残しているのでどうぞ見ていってくださいと勧められました。
しっかりした木造建築で大工さんが弟子に見せに来るほどの立派な、匠の家なのでしょう。
先を急ぐので見学は別の機会にしましたが、古賀の知られざる名所なのですね。



 そのまままっすぐ進んで雇用促進住宅に向かい、


集会所のトイレの位置を確認しました。
ここを使用させていただけることに。
ご協力ありがとうございます。
 


再び松林を突っ切って海に出て、海岸線に沿って歩きました。



防砂のための木の柵が一部老朽化し、ばらばらになっているところもあり、安全面が心配になりました。
福岡県の管理なのでしょうが、事故の起きないうちに修理してもらいたいものです。
 

海は海藻のアオサが透き通って見え、心地よい風と波音で涼しさいっぱい!!皆さんに味わっていただきたい贅沢なひと時。

釣りをしているところに遭遇し、目の前でヒラメが釣れました。
なぜかメンバーが釣果を手に!!


お刺身にはちょっと無理でしたが、可愛いヒラメでした。



またもや釣り人に声をかけるメンバーです。




夕陽風景時計に10時46分到着。




再び古賀西小へ戻りました。

素晴らしい景観を堪能し、希少価値の海産物、海浜植物との出会い、更に新地での貴重体験など、楽しさと驚きとさわやかなウォークでした。

昨年の経験から本番では、日没後急速に暗くなり、道に迷った人も出たので、懐中電灯の用意が必要と申し合わせ、次回の打ち合わせを決めて解散しました。

次回は7月7日(金)七夕。
9時にリーパスロビー集合。
11月23日の市民ウォーキングのロングコースの検討です。
リーパス発着のコース案を持ち寄って、そのまま試歩することになるかもしれません。
  


Posted by 歩いてんdo好会 at 20:35Comments(0)

2017年06月02日

潮風心地よく、ハマボウウォーキングの事前歩行

 6月2日(金)9時、古賀西小裏のゲートボール場駐車場に集合。
今日のメンバーは男性7名、女性2名、事務局1名の10人。
7月15日に行われるハマボウまつりに協賛するハマボウウォークの下調べ。
真夏のような暑さも風が涼しく吹き抜け、梅雨間近と思えないほどさわやかです。
出発前に、古賀市のフェイスブックに「古賀を歩こう!ウォーキングマップ」紹介でDo好会の写真を載せるからと、記念撮影。
笑顔いっぱいの元気なじいさんばあさん?

 古賀西小体育館横から松林に向かって9時23分に出発しました。
保安林の中を行くと潮騒橋と夕陽風景時計には9時30分につきました。


目の前の海は青く、防波堤の先端部まで足を延ばし磯の香を満喫。





釣り人は一人で、キスがぼちぼち釣れているそうです。




大波が押し寄せると沖の鯨の潜堤から、時々潮が吹き上がります。
シャッターチャンスをとらえるまでが一苦労。

ワイワイ外野が口を挟み、こんな時に限ってなかなか潮吹きを見せてくれません。
でも、名カメラマンのショットは・・・・ご覧の通り!

 松林の中を通って行こうとすると「地元住民の方の要望で、松林の中を歩くと砂が飛散するためこれから先は通行止め」の農林水産課による表示がありました。

大規模のウォーキングで大勢の人数が歩けばいけないかもしれませんが、とりあえず歩いてみました。
元九大の寮の跡地のフェンスを見ながら、松林の小道をたどり、15分で浜辺に出ました。


花鶴浜公園の船溜まりに10時到着。
花鶴浜公園の東屋は、今日は省略。

ハマボウはまだつぼみも定かではなく、これからだんだん膨らんでいくのでしょう。
薄黄色の花がたくさん咲いている光景を想像しながら歩きました。

案外、ハマボウの花を知らない人もまだまだいるようですので、もっと知ってもらいたいです。





河口から川沿いの道を遊歩道の橋まで歩きます。





橋のたもとから「水再生センター(終末処理場)」の赤煉瓦の建物を眺めながら先端まで歩いて見ました。



ウォーキング企画では初めてのコースです。





河口を挟んだ対岸は歩いてきた道や砂浜ですが、視点が変わると別の景色に見えました。


先端部から水平線を見ると相の島や志賀島などがくっきり見えて素晴らしい景観です。




そこで、テトラポットの上の撮影会。


うちのモデルさん2人がポーズをきめます!フルムーン古賀の観光CMにいかがでしょうか?みんなノリノリで明るく楽しい仲間たちです。


 水再生センターに立ち寄り、ウォーキングの際のトイレの借用をお願いしました。
土日はお休みですが、特別に開けてくださるそうです。


誰もがお世話になっている処理場の見学はまた別の機会にと、参加者の皆さんには施設のご紹介をしたいと思います。



道々、テリハノイバラの白い花や濃い黄色のオオキンケイギクが咲いていました。



オオキンケイギクは見た目はきれいですが、特定外来植物で日本在来の植物の栄養を奪い繁殖する厄介者で、栽培も移動も禁止、罰金や刑罰もあるくらい危険視されています。
この情報、案外知られていません。


引き返して元西鉄電車跡地の「遊歩道」を





ゴルフ場前まで歩き、





日吉の住宅街経由で






再び橋を渡って花鶴浜公園横の道から古賀西小まで11時30分に戻りました。
「憩いの松原」と書かれた看板のある松林の木陰で今日のまとめをしました。


松林の中は通らない方が良い、と農林水産課から指示があったので、本番は今日のコースを少し変更することになりそうです。

次回の予定を決めて解散しましたが、駐車していたバイクのカギを付けたままにしていた人がいて、びっくり!

最も防犯意識が高いはずの人でもこんなこともある、と何だかほっとするやら、古賀市の治安の良さに感心するやら。
でも、皆さん「他山の石」に・・・。

Nさんから
「鍵のことだけに、 ”キーつけんといかん”」 と注意されました。??
まったくそのとおりで、今後キー付けます。ハイ!!


次回は6月16日(金)9時リーパス集合。
今後の打ち合わせをします。

  


Posted by 歩いてんdo好会 at 21:57Comments(0)

2017年05月28日

花見でいっぱい!!健康ウォーク

 5月28日(日)快晴、最高気温28℃!雲一つない青空とさわやかな風の吹くウォーキング日和。
コスモス市民講座「市民持込み企画《花見でいっぱい!健康ウォーク》」を開催しました。
9時千鳥苑に集合し、9時半から受付開始。
参加者は22名、歩いてんDo好会メンバー8名とコスモス市民講座事務局1名、救護班1名。
 開会の挨拶の後、企画の趣旨説明は歩いてんDo好会代表SAさん。
健康ウォークの数々の効果と健康ウォーク体験のプログラムをユーモアたっぷりに解説され、みんなをやる気満々に乗せる話術はお見事。
まずは自分の脈拍を測ってみました。
大体1分間に60~70が適切な値と言います。


 SUさん指導のラジオ体操は博多弁バージョンの音声が準備されていました。
思わず笑顔がこぼれ、手抜きせずにやれてしまう演出です。

その後、Do好会メンバーの自己紹介をして10時に、Yさんの笛を合図にスタートしました。
 


千鳥公園西側から入り、千鳥ヶ池を前に、環境保護団体「ぐりんぐりん古賀」の中屋先生から、千鳥ヶ池の生物についてお話を聞きました。
フナ、モツゴ、雷魚、ブルーギルがいますが、特筆すべきは「日本バラタナゴ」が生息していることです。
日本各地にバラタナゴはいるけれど、千鳥ヶ池のは、大変貴重な純粋種なので《古賀の財産》と言われていました。
この貴重な財産を守るためには、外来種のバラタナゴを放流してはいけないことを力説されました。

この魚は沼貝(大きな2枚貝)の中で受精するため、池の泥の中には沼貝が棲んでいると説明され、貝の実物見本を見せていただきました。

この池にいる亀はミシシッピアカミミガメと言う外来種で、残念ながら国産の亀は1匹もいないそうです。
ペットとして売られているミドリガメが捨てられ、池で繁殖しているのです。
身近な池の生態系の大切さを教えていただき、感謝。

そこで、池の周りを1周しましたが、「インターバル速歩」を取り入れ、2分間早足で歩き、笛の合図で2分間ゆっくり歩き、また早足を繰り返すという歩き方です。
1周したところで脈拍測定しました。
中強度程度の運動量まで脈拍が多くなっている人もあり、健康増進目的のウォークであったことが証明されました。


10時30分千鳥公園を出発、






鹿児島線の上をまたぐ道を越え、



花見公園に17分で到着。


小学校に隣接し、住宅街にある花見公園は静かで、シャボン玉を飛ばす親子など、家族連れが何組かくつろいでしました。
花見公園は3月にオープン、ここでは健康遊具体験をします。

「階段昇降」「上半身ひねり」「平均台」「背のばし」「前屈」の5つの健康遊具が設置してありました。


試してみると、まだまだ大丈夫、と思っていた前屈が意外とできなかったり、バランスが悪くなっていたり、背のばしのベンチが心地良かったり、と柔軟性や筋力、バランス感覚などを簡単に、楽しくチェックすることができ、

これからの体力維持、健康づくりに大いに役立ちそうでした。






ご夫婦でなかよく!!







一人ではちょっと恥ずかしくて体験できないことも、みんなでやれば怖くない・・・?


ぶら下がり健康器を思い出しました。
ここで一句
”歩き来て 試す遊具に 悟る歳”



楠には鳥の巣がありました。・・・ここで切株山の話が???




ワイワイガヤガヤと涼しい木陰と健康遊具で遊び、11時過ぎに公園を出発しました。



来た道を戻らずに少しコースを変更して花見松原公園には寄らずに国道495号線に出て、花豊の横から「ここも階段をちゃんと踏みしめて!」と、後ろからYさんの指示が飛び、跨線橋の階段を使って、足を鍛え、


自動車学校の前に降りました。
 




熱中症の心配な気温でしたので時間を短縮し、11時25分、千鳥苑にゴールしました。




運動によって体温は高くなりましたが、免疫効果が高まりますと、締めくくりの解説もあり、誰ひとり熱中症にならずに、無事に健康ウォーク
を終了しました。
 道々、日頃歩かないけれど、このような短い距離の企画があると嬉しい、この次も参加してみたい、などの声を頂きました。
ご期待に応えたいですね。

ハンドマイク片手に大活躍のYAさん。おかげさまで楽しいウォークでした。今後ともよろしくで~す。



次回、歩いてんDo好会は6月2日(金)9時 古賀西小学校集合で、7月15日の「ハマボウまつりウォーク」にむけて試歩の予定です。

  


Posted by 歩いてんdo好会 at 21:51Comments(0)