2017年11月28日

晩秋の古賀を歩く第17回市民ウォーキング


11月17日 市民ウォーク会議
ロング、ミドルのコース別に
案内表示設置、道路表示、任務分担などを確認し前日22日9時から実施する。
当日23日は8時市役所集合、など決定。


11月22日小雨降る中にロング、ミドルとも歩いて案内表示の設置、路面表示をしました。
石灰は湿り気を帯びて出が悪く、何度も引き重ね、終了時は疲労困憊、着衣はしっとり濡れていました。皆さん本当にお疲れ様でした。
ロングの鹿部山では濡れた落ち葉で滑りやすく、中止することに。


 11月23日(木)昨日一日降り続いた雨はやみましたが、北風の吹く寒い朝、勤労感謝の休日、まだ布団から出たくないところですが、参加者は少ないかもとの心配をよそに市役所に約300人の老若男女がしっかり防寒着を着込んで元気に集まりました。
歩いてんDo好会のスタッフは男性8名、女性4名の総勢12名が準備にかかりました。
8時30分の受付開始前からすでに意欲満々で待っておられる方々もあり、風の強い市役所前駐車場では、舞い上がった受付票を追いかけて職員が川べりまで探しに走る騒ぎもありました。

 9時、開会式。
少し日が差してきた駐車場の一角をコーンで仕切り、コース別に並んでいただきました。
司会は歩いてんDo好会Iが担当し、はじめにボンボンが可愛い毛糸の帽子で、教育委員会清水教育部長がにこやかに元気よく主催者挨拶。続いて共催の「ぬりつなぎ計画協議体」の坂崎氏から、ぬりつなぎ計画についてのご紹介がありました。
劣化しっつつある市内の壁画のぬりかえを子ども中心に市民の手で塗り替え、それを見て回る企画です。

 前日の雨で鹿部山公園へのオプションコースは中止となったことをお詫びし、史跡ボランティアによる案内箇所のご紹介と、史跡ボランティア新田代表を紹介しました。

 恒例のラジオ体操に入る前の準備運動からSUさんが指導。寒さで固まっている体をほぐして、ロングコースは9時10分出発。
 ミドルコースは坂崎さんからぬりつなぎのコース、クイズなどについて説明を受けてから9時25分スタート。
 ロングコースは最初にみあけ史跡公園を目指しました。

<ミドルコース編>
 
ミドルコースは古賀神社を通り抜けましたが、「ハート形の手水鉢」の背後にピンクの小菊で埋めたハート形が飾ってあり、お賽銭箱の横には見事菊が展示されていました。









裏通りを抜けて図書館の「こがめルーム」の壁画を見ます。
ここが「ぬりつなぎ」最初のポイント。
ウサギとカメなどおなじみのお話の世界が展開しています。
次はリーパスプラザこが公民館別棟の壁に描かれた絵本からの壁画を一周するとお相撲さんの顔をくりぬいた撮影用看板?(よくある観光地で見かける)が設置されていました。
駐車場への出入りもあり、安全に気を配りますが、クイズの答えを教えて、などと迫る人もいて困りました。

次は竟成館高校の前を通り、第3のポイント久保石原アンダーパスに。
ここでは古賀東小の児童の海の中のお魚の群れが描かれていました。
ぬりつなぎの担当者の方が入り口付近で説明されていると大勢の人が狭い地下道で立ち止まるため渋滞し、通り抜けようとする一般の通行人にはご迷惑でした。
出入り口に事前の予告などされていたのでしょうか?

第4ポイントは古賀中学校付近のアンダーパスで花がたくさん描かれています。
ここは出口にゴミ拾いウォークを企画されたエコ研の方がいて、一人一人にゴミ袋と手袋を手渡し説明されていました。
ゴミ拾い企画は良いのですが、ウォーキングの流れなど考慮されていなかったと思われ、なぜこのように渋滞して進めないのか不満の声が上がり、人によってふさがれ肝心の壁画を見るどころではなかったように思えました。
また、人道部分がふさがっていたため、一般の方(中学生)は車道を通らざるを得ず、大変危険でした。
大根川沿いに歩き、バイパスの下の何もぬられていない、落書きのある地下歩道をくぐり、歩いてん道古賀コースを工業団地へ。
勤労者スポーツ広場のゴミ拾いゴールまでは、残念ながらゴミは非常に少なく、ゴミ袋を渡した後の工業団地から先にゴミが目立ち、実態を把握してルートを決めたのか疑問が残りました。
そこから「くまや蒲鉾」に立ち寄り、たくさんの試食をほおばり、疲れ気味の方たちが元気づけられ、大変好評でした。
袋いっぱい蒲鉾を購入された方が嬉しそうに「おいしかったからこんなに買ったよ!」と見せてくださいました。
いつもくまやさんには感謝です。
最後のポイント「みあけ史跡」には史跡ボランティアの方が今や遅しと待ちかまえておられました。
たくさんの方がクイズのみあけの柱の太さを測ろうと柱に抱きついておられ、思わず???と思ってしまいました。
ここで古賀特産のミカンを食べ、ビタミン補給し、笑顔でゴールに向かいました。
ゴールではお楽しみくじを引き、景品を獲得されました。
東区公民館では骨密度測定など予防検診化の健診やぬりつなぎの展覧会、写真展示がありました。
ミドルコースのぬりつなぎとのコラボは、歩いてんDo好会とぬりつなぎ運営の方たちとの事前協議の場が無く、どこで、どのような状況が起きるかの予測ができず、私たちも説明のしようがない事態になりました。
もっと綿密な打ち合わせが必要だったと思います。
せっかくの企画でしたが、ウォーキングを楽しみに来られた方々からは「余り歩いた気がしない」と不満が大きかったように見受けました。

<ロングコース編>


美明遺跡公園では歴史案内がありました。





くまや蒲鉾では例年通りてんぷらの試食とサービス販売がありました。





てんぷらで「古賀市」と切り抜き字がありました。
その隣のお皿には「くまや」の文字もありました。



グリーンパークではミカンの配付とくじ引きです。




九本柿庵では、お接待がなされ、ほとんどの人が入られていました。




屋内では暖炉が焚かれ、お茶と干し柿をいただきました。
有難うございました。






筵内では飴を頂きました。




約12㌔㍍を3時間足らずで市役所に戻りましたが、写真撮影、先導、安全誘導などの懸けもちは大変でした。



26日には花見公園健康フェスタが開催されましたので、Do好会からウォークに参加し、ラジオ体操、インターバル速歩を実施しました。






Posted by 歩いてんdo好会 at 20:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。